タイプで選ぶ FX会社

トップ > FX比較

FX税金とFX初心者必勝法ガイド くりっく365とFX比較 

FX初心者必勝法からFX比較、FX税金を解説。スワップ利益、ロールオーバーなど初心者向けFXトレード紹介からFX税金確定申告を徹底解説。
FXと節税

FX会社選びのPoint
FX取引での利益(為替差益、スワップ金利)は取引会社によって、非取引所FX(非くりっく365)、取引所FX(くりっく365)に区分され、税金は確定申告で申告することになります。 多くの人はFXで儲かった後に税金対策を考えますが、それでは手おくれ!!
節税対策は取引をはじめる前から心がけるのが鉄則です!

FXにはくりっく365と非くりっく365(通常のFX)しかありません。
この両者のどちらをメイン口座にするかにより税金も大きく変わってきます!

@非くりっく365では雑所得として総合課税になり、所得とFXの利益の合算額で税率(15〜50%)
Aくりっく365の場合は、申告分離課税として、所得の大小に関わらず一律20%の税率
という点が一番大きな違いであり重要な点と言えます。 

kazeigraf.gif

サラリーマン投資家のFX会社選び
会社員であれば給与所得があります。この給料所得にFXでの利益が上乗せされ、合計額に対し税金が計算されます。
つまり給料が高く、FXでも儲かっているという人は「通常のFX」では損です。
FX会社選び 稼げば稼ぐほど収める税金も高額になります・・・
たとえば、給料が300万円で為替で30万円を稼いだとすると税率が20%から30%に跳ね上がります!! コレは痛い・・・・・
投資で稼いだら「税金もアップした」では洒落になりませんよね。。。
だからサラリーマンにはいくら稼いでも一律の税金がかから「くりっく365」がお薦め!
年収330万円以上であればくりっく365の方が、メリットがあるでしょう。

主婦や学生のFX会社選び
主婦や学生は給料所得がありません。もし「くりっく365」を選んだ場合、くりっく365ではFXの利益に対して分離課税20%の税金がかかりますよね。
しかし通常のFXであれば利益が200万円、あでであれば税率は15%!
つまり200万円までの利益くらいなら通常のFX会社を利用すべきです。
ただし38万円を超えると扶養者でなくなり所得控除や社会保険の適用から外れますよ。